※プライバシー保護のため、一部画像加工をしております。






上のLINEの画像をご覧頂けましたでしょうか?

ぼくは今、これだけの女の子とつながり、去年の5月には北川景子似の女の子を彼女化し、女性には不自由しない生活を送っています。 さらに、新宿のタワーマンションに住み、自分の会社を経営しながら悠々自適な生活を送っています。
ナンパができるようになると、あなたもここまで簡単に到達することができるのです。

今となってはこのような生活を送っていますが、かくいうぼくもかつては女性ともお金とも縁のない生活を送っていました。
学生の頃は全くモテず、いつも一緒に行動していた大学のグループの仲間が、いつも違う女の子と遊んでいるのを羨ましがっている人間でした。
「昨日は仕事で知り合ったキャンギャルの子とやっちゃったよ〜」
「昨日合コンで知り合った子が泊まりに来たんだよ〜」
こんな話を聞くたびに自己嫌悪になり、「いつかおれもそんな生活を送ってやる」-そんな思いを常に抱いていました。

そんな中、仲の良かった大学の友達に彼女ができました。
「めちゃめちゃかわいいじゃん!どこで知り合ったの?」
ぼくはこのように聞くと、彼は得意げに一言言い放ちました。
「ナンパだよ」
「ナンパ・・・?」
「ナンパはいいよ。自分のタイプのこと簡単に仲良くなれるからね」
「・・・」
この話を聞いてまた自己嫌悪になりました。
「周りの男友達がどんどん女関係を充実させていく。おれも何とかしなきゃ・・・!」
ぼくはこの時、ナンパをしようと決意しました。

それからは、ナンパで美人の彼女をゲットした友達にやり方を教えてもらい、いざ実践しようとしてみました。
しかし、全く声をかけることができませんでした。
緊張して足は動かず、しかとされたらどうしようという不安も重なって、まったく声をかけられなかったのです。
それもそのはずです、ただでさえ美人と話すのは緊張するのに、人目が気になる街中で美人に声をかける。
そんなことが容易にできるはずはありませんでした。
「やっぱおれには無理なのかな・・・」
ぼくは一つの挫折を味わうことになりました。

そんな風に諦めかけた頃、当時はやっていたmixiでとある書き込みを見つけました。
『500名の学生パーティー開催@vanilla』
vanillaとは当時の六本木に存在していたクラブでした。
「学生パーティー?クラブ?なんかおもしろそうだな」
ぼくがクラブの存在を知ったのはこの時でした。
大学のグループの仲間に早速このことを話すと一緒に行ってみようと言うことになり、二人で六本木のvanillaというクラブに足を踏み入れました。

「なんだこれは・・・」
そこには、美女がお酒を飲みながら同じくらいの年の男としゃべっている光景があちらこちらに広がっていました。
中には、抱き合ったり、キスをしているカップルもいました。
「おれらもナンパしてみよう」
ぼくらは暇そうにしていた二人組の女の子に思い切って声をかけました。
「どこから来たんですか?」
たぶん初めてのナンパはこんなありふれた言葉だったと思います。
今となってはこの声のかけ方がいかにダメかがわかりますが、当時はこれが精一杯だったのです。
「横浜だよ〜どこからきたの?」
こんな感じで始めてのナンパは成功しました。
その後、会話は盛り上がり、「よかったら番号交換しようよ!」と連絡先を交換し、二人とは別れました。
「ナンパっておもしろいな。こんな簡単に成功できるのか・・・」

正直ぼくは嬉しかったのと同時に後悔しました。
なんでもっと早くこんな楽しい遊びを見つけられなかったのかと。
それからぼくはクラブナンパにハマり、イベントが開かれるたびに遊びに行き、ナンパをするようになりました。
携帯の番号はどんどん溜まっていき、知り合った女の子とデートし、時にはセックスし、時には彼女化する...そんな生活を送るようになりました。
「ナンパができるとこんなすばらしい世界が待っているのか」
もはやぼくはナンパで知り合って付き合った男友達も、仲の良かったグループの男友達のことも気にならなくなりました。
女性関係の充実した未知の世界にいくことができたからです。

そして、ナンパのことを色々調べている内に、クラブナンパだけでなく出会い系やmixiを使ってナンパするネットナンパというものを知りました。
実際にmixiでは、数は定かではありませんが、数十人の女の子と会ってきました。
ネットナンパをすることで、ぼくの女性関係はさらに充実していきました。
そんな生活を送り、4年間のキャンパスライフは幕を閉じたのです。
ぼくも社会人になり、学生パーティも卒業です。
社会人になってからは、週末になるとクラブに入り浸り、クラブナンパをする生活を送るようになりました。

そんなある日、ふと初めてストリートナンパをしようとしたときのことを思い出しました。
そう、足が緊張で動かず、しかとの恐怖におびえたあのときのことです。
「あの頃はとても道で声をかけるなんてことはできなかった。今だったらできるかもしれない」
そんなことを京王線の中で思い、帰り道ストリートナンパに再挑戦しようと決心しました。
駅の構内、乗り換え口に向かう途中、後ろ姿がとてもキレイな女性を見つけました。
「いってみるか」
顔を確認していないにもかかわらず、ぼくは勇気を振り絞って声をかけました。
「こんばんは。飲み会帰りですか?」
年齢はぼくより少し年上、端正な顔立ちをした女性でした。
なによりもおっぱいが大きかったのです。
「まあそんな感じです。」
トークに成功した。
「そうなんですね。ぼくもなんですよ!方面どちらですか?」
こんな感じで話をし、偶然にも同じ方面の電車だったので、一緒に電車に乗り、ぎこちない会話をしたのを覚えています。
そしてぼくが降りるとき、
「よかったら連絡先教えてもらえませんか?」と番号交換を打診しました。
結果、教えてもらえず、ぼくの連絡先を渡すブーメランという結果に終わりました。
しかし、ぼくはこの時また新しい世界に足を踏み入れられた気がしました。
「いきなりストリートナンパはハードルが高かったんだ。クラブナンパやネットナンパで経験を積めば、ストリートナンパも全然怖くない!」

それからは、自分がタイプだと思った女性とすれ違ったときは極力声をかけるようにしました。
「こんにちは。お買い物中ですか?」
「こんな遅くに何してるの?」
「よかったら五班でも行きませんか?」
しかし、クラブナンパと違い、なかなか成功しませんでした。
「やっぱりストリートナンパは難しいな・・・」

それから1ヶ月くらい経った頃でしょうか。
会社からの帰り道、外は雨が降っていました。
傘を差しながら家路を急ぐ途中、前から足の細いキレイな女性が歩いてきました。
すれ違ったときに顔をのぞき込むと、正直かなりぼくのタイプの女性だったのです。
「行くか」
ぼくは道を引き返し、女性を追いかけました。
「すいません、これからどこかいかれるんですか?」
女性は少し驚いたように反応し、「仕事です」と返答しました。
「雨すごいなか大変ですね。ここら辺に住んでるんですか?」
「まあそうですね」
「正直めちゃくちゃタイプだったんで声かけちゃいました。もしよかったら連絡先教えてもらえませんか?」
「いやあこれから仕事ですし・・・」
「いやだったら着信拒否してもらっちゃっていいんで!」
「・・・わかりました。いいですよ」

初めてストリートナンパでのナンパに成功しました。
この時は本当に嬉しくて、家に帰って大喜びしたのを今でも覚えています。

それからは、ストリートでも声をかけられるようになり、声をかけてその日にお持ち帰りをすることも何度もできるようになり、ますますナンパの魅力にハマっていきました。
そして昨年、ぼくが最も好きな女優である北川景子に似た女性を彼女化することに成功し、今では幸せな生活を送っています。

長々とぼくのナンパの歴史を書いてしまいましたが、ぼくは女性関係にコンプレックスを持っている世の男性たちにナンパの魅力を伝えていきたいと思うようになりました。
とあるコンドームメーカーが行った調査によると、20代男性の平均経験人数は7.4人だそうです。
つまり、8人の女性とセックスをしていないと平均以下の男と言うことになります。
あなたは平均以下の男になりたいですか?
出会いが限られた環境にいると、これだけの女性と関係を持つことは難しいかもしれません。
しかし、環境のせいにするほどおろかなことはありません。
出会いがなければナンパで作り出せばよいだけの話です。
ぼくについてくれば、平均以上の男になれます。
正直ナンパができるようになると、女性関係が充実し、自分に自信を持つことができるようになり生活が劇的に変わります。
仕事もうまく回るようになるし、性格も明るくなります。
こんなすばらしい世界に一人でも多くの方を招待したい、ぼくは心からそう思っています。

しかし、中には「ナンパしてるけど全然成功しない・・・」
既にナンパに取り組まれている方もいるのではないでしょうか。
これまで色々なナンパ商材が発売されてきましたが、それらはとても根本的な部分がおざなりになっているとぼくは考えています。
そもそもナンパというのはする人によって結果が全く異なります。
いくらノウハウを詰め込んでも、それはあくまで知識であり、ナンパをするのはあなた自身です。
その人その人に適したナンパがあるわけですね。
今までのナンパ商材は、商材を売ってハイおしまい、という形が多く、ぼくはそんなナンパ商材の売り方に疑問を持ってきました。
そんなものを買っても正直ナンパは成功しないと思います。
もちろん、成功する場合もあると思いますが、ナンパにしろ恋愛にしろ人間同士のコミュニケーションなので、誰にでも適用できる魔法のようなノウハウなんてものは存在しないんですね。
要はこれまでの商材は、あなたからお金を搾取してやろうというお金儲けの意識だけで作られたものなのです。

しかし、ぼくはそのようなことはしたくありません。
それなりのお金を払っていただく以上、きちんと結果を出してもらいたいですし、できるだけのお手伝いをしていきたいと考えています。
そのため、成功に限りなく近づけるよう特典を用意させて頂きました(特典については後述します)。

さらに、ナンパのノウハウだけでなく、お金の稼ぎ方も教えることにしました。
女性関係が充実してくるとわかるのですが、ホテル代、コンドーム代、デート代・・・様々な場面でお金がかかります。
ぼくはこのナンパを元に、なんとかしてこのナンパの技術をお金に換えられないかと、お金を稼ぐ方法を色々と研究してきました。
そこで考えだした結論が、ナンパとネットビジネスを融合させると言うことです。
ネットビジネスと融合させることで、あなたがこれまでため込んできたナンパのノウハウは、お金に換えることができます。
実際、ぼくはナンパでお金を生み出すことに成功しました。
女もお金も手にいれることができるのがナンパ- 本当にナンパというスキルを身につけて良かったと思っています。

これまでネットビジネスに触れてこなかった方はわからないかもしれませんが、これまでネットビジネスに関する商材は五万と発売されてきました。
しかし、どれも小手先だけのテクニックばかりで、ネットビジネスの本質に触れている商材はごく少数だったのです。
「楽して月に100万稼げる方法」
「現金自動製造機」
こんな甘い誘惑が至る所に転がっており、半ば詐欺のような商品も多数販売されていました。
もちろんぼくはこのような詐欺商品を販売するつもりはないし、ぼくについてくれば、ナンパとネットビジネスの本質を学ぶことができます。
これからは小手先のテクニックは通用しなくなってくるでしょう。
ぜひ一緒にナンパとネットビジネスに取り組み、タワーマンションで最高の美女とセックスを楽しんでもらいたいと思います。


ここで、以前行っていたナンパ講習の受講者様の声をごらんください。

これは、ぼくが昨年に行っていたナンパコンサルのとある受講生の感想文です。
本商材に書かれているをはじめとし、その人に合ったナンパのやり方を徹底的に教えこみました。
そして約2週間後・・・





しっかりと実践し、結果を出されていました。
これだけでなく、ぼくの考えに同調して頂いた方々からたくさんの声をいただいています。

次はあなたの番です。

ぼくは本気でナンパを通してあなたを変えたいと思っています。
ぜひナンパを成功させ、人生を激変させませんか?

今回ご購入頂くにあたり、以下の特典をつけさせて頂きました。


ナンパに関する悩みや、テクニックに関する相談を、無料で60日間何度でも相談頂くことが可能です。
むしろ、ナンパの商材にはこの特典は必須だと思っています。
先ほども申したように、その人に合ったナンパというものがあり、客観的にアドバイスをする人間がいることで正しい方向に導くことができるわけです。
ぼくはナンパで成功したという思いをお持ちの方の味方です。親身になって相談に乗ります。なので、ぜひ活用してもらえるとうれしいです。
ナンパができるようになれば、こんなやりとりが普通にできるようになります。


さらに今回、限定50個の特別価格として設定させて頂きました。
50個販売が終了した時点で商品を値上げさせて頂きます。そのため、購入はお早めにお願いします。


ナンパのノウハウに稼ぐ方法が10,000円を切る価格です。女性関係に悩んでいる方は買わない理由はないと思います。
人間は投資をすれば元を取ろうと真剣に取り組みます。ぜひ一人でも多くの方がナンパで成功することを願っています。


※画像はイメージです。
特定商取引に関する表記